トップページ > 診療案内 > 症状別ページ > シンスプリント

シンスプリント

シンスプリントとは、ふくらはぎの内側の痛みで、脛骨という骨に沿って痛みが出ます。
初期症状としては、患部を押したときの圧痛が強く、走ったりジャンプをすると痛いということが挙げられます。

以前は、ほっておけば治るとか、練習を続けて筋力が付けば治るなど言われていました。
しかし、シンスプリントは練習を続けていき、悪化すると重大なケガにつながる可能性があります。それは疲労骨折です。疲労骨折を起こしてしまうと、治癒にも時間がかかり、結果長期にわたり運動を中止しないとならない場合があります。症状が軽いからと放置するのではなく、早期治療が必要となります。

シンスプリントは、後脛骨筋という筋肉をはじめ、ふくらはぎの筋肉の機能低下、足の裏の土踏まずのアーチの低下、股関節の柔軟性の低下などが原因となります。そのため走行時やジャンプ動作での接地や蹴り出しで不自然な動きになり、負荷がかかって起こります。
よって、正しい動きができていれば使いすぎても起こりません。
また、シューズのサイズの不合致や靴ひもの結び方によっても、シューズ内で足がブレてしまい、不自然な負荷がかかってきます。シューズの選び方から靴ひもにかけてまで注意が必要です。

当院では、股関節、膝、足部の動きをチェックしながら症状のご説明と治療法をご説明致します。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 岡山県井原市 腰痛・スポーツ障害の痛みを改善! 研整骨院 はり・きゅう All Rights Reserved.