トップページ > 診療案内 > 症状別ページ > オスグッド(オスグッド-シュラッター病)

オスグッド(オスグッド-シュラッター病)

10代の成長期に見られるスポーツ障害の1つです。

スポーツをしているお子さんが、膝の下が痛い、膝の下が膨隆してきているなどの症状を訴えることはないですか?

この疾患は、膝の下の脛骨粗面という場所に、反復する太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)の牽引刺激が引き金になって発症します。
簡単にいうと、ももの筋肉が膝の下の脛骨粗面という場所を繰り返し引っ張って起こります。

なぜこの場所に痛みが出るのか?

それは、成長期のこどもの脛骨粗面という場所には、骨が成長していく部分である骨端核というものが存在します。その部分に大腿四頭筋からつながる膝蓋靱帯というものが付いています。運動時に大腿四頭筋の収縮によって骨端核の部分が引っ張られ、これを繰り返すことにより炎症を起こしたり、引っ張られている部分が膨隆してきたりします。
ただ、成長期のお子さん全員がかかる疾患ではなく、痛みが出るのには理由があります。ただ筋肉によって牽引力がかかるだけでは痛みは出ません。足の裏の土踏まずのアーチの状態、股関節の柔軟性、殿部の筋肉の状態、などに不具合がある場合、膝の屈伸時に不自然な牽引力がかかります。それにより痛みが出てきます。

よって、治療は患部のみでなく、動き全体を見る必要があります。動きを改善しないと、一時的に痛みが治まっても再発する可能性があります。

この症状は、以前は成長痛だからほっておけば治ると言われ、治療せずに放置されることもあったようですが、適切な治療が必要な疾患なので、自己判断せずお近くの専門家にご相談されることをお勧めします。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 岡山県井原市 腰痛・スポーツ障害の痛みを改善! 研整骨院 はり・きゅう All Rights Reserved.